スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語意外でも漢字の書き取りの練習をしよう! 

テストで結構点数を落としてしまうのが、漢字の間違いです。

私の学生時代には、漢字を間違えるくらいなら、ひらがなで書きなさいといわれました。でも、長男の中学では、社会や理科でも、漢字できちんとかけないと、点数をもらえません。

そうなってくると、国語以外の教科でも、漢字の勉強が必要となってきますよね。

せっかく覚えていても、漢字の間違いで点数がもらえないのは悔しいでしょ?

覚えるときに、しっかり漢字も覚えてしまいましょう。

漢字をおぼえるのには、やっぱり書くのが一番です。

フォルスクラブで勉強している子も、漢字の勉強は、書いて覚えてください。

うちの長男も「比例」という漢字を間違えて、100点を逃して悔しい思いをしたことがあります。

社会はもちろん、数学や理科、英語でも大切な用語はしっかり漢字で書けるように、書き取り練習をしましょう。

まず、試験範囲に出てくる、書き間違いをしそうな漢字を全部書き出します。そして、その漢字を10回以上書きましょう。

そのとき書きながら声を出してその漢字を読みましょう。声に出すことで、耳からも刺激が加わって、より覚えやすくなります。

覚えるときに書いて覚える。試験前にもう一度見直して、漢字できちんと書けるかチェックしましょう。

マークテスト以外のテストでは、必ず漢字で書かなければならない場面が出てきます。高校入試も、記述式のところがほとんどです。しっかり漢字の練習しましょう!

テストで、漢字がどうしても思い出せないとき、問題文に答えが漢字で書いてあることも結構ありますので、よく問題文をチェックしてみましょう。(特に、社会の人名や制度の名前など)

漢字は、とめるところ、はらうところ、はねるところをきちんと書き分けましょうね。

口 などはきちんと角をくっつけて書きましょう。はみ出さず、きちんとつける。それだけでもだいぶ字がていねいに見えます。

受験生の皆さんは、夏休みの間に、毎日数を決めて漢字練習をしましょう。

このとき、国語の新出漢字だけでなく、社会、理科、数学などで出てくる用語や人名なども漢字練習しましょう。

覚える漢字のリストを作って、声に出しながら10回以上繰り返して書く。

少しずつでいいですから、毎日やってくださいね!

次は歴史の年号暗記です。






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

楽しく毎日10分勉強するだけで学力アップする!

テストで平均点以上とるためなら、1日最低10分の勉強を毎日繰り返すのが一番効果的です。

今まで書いてきたように、覚えなくてはならない項目を先生が教えてくれますから、後はそれをいかに効率よく暗記していくかということなのです。

暗記するためにはとにかく何回も繰り返すこと。

それも忘れたらまた思い出すように同じことを間隔をあけて何度も繰り返すんです。

フォルスなら一日10分あれば1~3単元はできるので、毎日勉強すれば、かなり覚えることができます。

理想は各教科毎日1単元ずつですが、社会理科はテスト前に集中して覚えることができるので、国語、算数、英語の3科目を毎日とにかくやってみることをお勧めします。

数学は長くて時間かかるので、時間で区切ってやるといいです。一日1単元終わらなくても5分と決めたらその時間内でできる問題数だけやっていけばいいです。

初めからあんまりいっぱいやるぞって決めると、疲れて長く続かなくなりますから。

自分が頑張らなくてもできるくらいの量にしましょう。そのかわり、毎日やること!

フォルスを使っていない方も、毎日10分。単語帳や暗記カードを使って、復習する習慣をつけましょう。

それをきちんとやれば、平均点はクリアできるようになるはずですよ!

10分でいい、そのかわり毎日やりましょう!!

試してみてくださいね。

次は国語意外でも漢字の書き取りの練習をしよう! 






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

点数を取るには暗記するまで何回も何回も繰り返そう!

こんばんはフォルスクラブ応援団です。

平均点以上とるための勉強法についての続きです。


  • 確実にわかるところまで戻る

  • わからないポイントを見つける

  • 自分で調べる

  • 先生に聞いて理解する


何がわからなかったのか、何を覚えればいいのかがわかったら、次は

何度も繰り返して暗記しましょう!

たくさんのこどもたちがわからないところを塾や学校でおしえてもらってノートに書いたら、それで満足してしまっています。

それでは試験のときに点数は取れません。

先生が教えてくれた試験に出るポイントをどれだけ正確に暗記できたかで点数が決まるのです。

わかっていたのにかけなかった~では点数にはならないのです。

そのためには何度も繰り返して確実に暗記することが大切です。

塾に行っているのに点数が取れない子のほとんどは自宅での暗記作業ができていません。

集に1~2回、塾でだけ勉強していても知識が定着しないのです。

少しでいいから、毎日繰り返すことで知識は定着します。

しっかり覚えてしまうまで、何度も何度も繰り返して暗記しましょう。

単語帳や暗記カードを作るのもいいでしょう。

漢字は何度も書きましょう。そのときに声に出して読みながらやると音声の刺激も加わるので暗記効果が上がります。

フォルスクラブに入っている方はパソコンで同じ単元を最低でも5回以上は満点取れるまでやりましょう。

社会などはまず適語選択で選んでやった後は適語補充で自分で打ち込んで満点がとれるようになるまでしっかり繰り返してください。

適語補充で5回満点取れるくらい繰り返せば平均点以上は取れるはずです。

コツは、毎日繰り返すことです。

人間は忘れてしまう生き物です。

その時覚えても時間が経てば忘れてしまうんです。

だからこそ、毎日繰り返して、思い出すんです!

繰り返しの効果、是非体験してくださいね!

次は一日10分楽しく勉強しよう





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

できる人の真似をする

おはようございます。フォルスクラブ応援団です。

テストで平均点以上取れるようになるためにどうしたらいいかいろいろ書いてきました。

今日は一つの方法として、「まねをする」ということについて書きたいと思います。

大分前になりますが、あるブログにこんな記事がのっていました。

剣(つるぎ)の心さんのブログ「真似るというお稽古」

剣道も野球もサッカーも上達するには上手な人のまねをすることから始まるんですね。剣道では高段者の剣道を見て学ぶと書いてあります。

お勉強だって同じだと思います。先生や成績がいい人のまねをして盗めることいっぱいあると思います。

ノートのとり方、時間の使い方、使っている参考書や問題集。点数とっている子はどんな勉強しているのか観察して真似てみるというのも一つの手ですよ。

先生に聞いてみるのもいいでしょう。先生になっているくらいですからその科目についてはいっぱい勉強してきているはずです。その時どんな勉強をしてきたのか聞いてみて参考にしましょう。

あんまり勉強していないように見えて点数とっている子は、影で努力しているか、要領がとってもいいんだと思いますよ。

人それぞれ得意、不得意もありますからその子のやり方が自分には合わないこともあります。でも、人のやり方を観察することで、自分のやり方が見えてくるというのが大切なんです。

授業中しっかりきいてなくちゃダメだな。ノート取るのに必死になっていて、話聞いていなかったらダメなんだななど、自分のたりないところが見えてきます。

人の行いを見て自分の態度を知るというのは本当に大切です。

自分の授業態度や勉強のしかたを一度見直してみませんか?

効果的なノートのとり方を覚えたら一生使えますからね。

できる子のノート見せてもらって自分のノートと比べてみましょう。

ノートのとり方についてはこんな本も出ています。話題になりましたよね。

東大合格生のノートはかならず美しい/太田 あや

¥1,000
Amazon.co.jp

自分のノートと比べてみるといいかもしれませんね。

次は何度も繰り返す





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

先生に質問するときのコツ知ってる?

こんばんは。フォルスクラブ応援団です。

前回は自分で調べる方法を話しました。今日はその最後に書いた先生に聞いてみるということについて話します。

わからないところ見つけたら、先生に質問に行くというのもすごく効果的なんですよ。

先生に聞きにいったりしたら迷惑じゃないかって心配してる人いますか?

私はたくさんの友人が学校の先生をしていますが、どの友人も、生徒から質問に来てくれたら嬉しいと言っています。先生方はみなさんが質問に来てくれるのを待っているんですよ!

ただ、効果的に質問するにはコツがあるので、それを書きますね。

先生に質問するときのコツ


  • 授業が終わってすぐが先生に声をかける一番いいタイミング!

  • たくさん質問があるときは事前に約束をとろう。

  • 質問は具体的にどこがどうわからないのか、はっきりさせてから聞きに行く。

  • わからないところを箇条書きにメモしていこう。

  • 自分でも調べてみた証拠を持っていこう。

  • 教えてもらったことはその場でしっかりノートを取ろう。

  • わからなかったらはっきりわからないと言おう。

  • 最後に「ありがとうございました」の一言を忘れずに!


まず授業が終わってすぐに先生を捕まえて、質問があるのですが教えてもらえますか?と声をかけましょう。質問がいっぱいあるときは箇条書きにしたメモを見せて、いつなら教えてもらえるか先生の都合を聞きましょう。

先生と約束したときは遅れないように行きましょうね。

先生に質問に行くとわからないところを教えてもらえるばかりではなく、学習意欲があると認めてもらえて内申点が上がるという効果も期待できます。

そのためにも自分でも調べてみたというノートなどを持っていくと、先生も頑張っているなと認めてくれて熱心に教えてもらえます。

勇気を出して先生に質問しにいってみましょう!

次はできる人の真似をする





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
プロフィール

フォルスクラブ

Author:フォルスクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。