スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人が元気でいること

思春期の子のために大人のできること

ついに最後の7番目です。

●大人自身が元気に、人生を楽しむこと!

大人が自分の世界を持っていて、人生を楽しんでいる姿を見せること!それによって子どもが大人になることへの不安を少なくすることができます。

そして、大人がしっかりストレスマネジメントをしていること。大人が子どもの自立で空の巣症候群にならないようにすることも大切です。

大人が脱力感で無気力になってしまわないように、ストレスは少しずつ発散していくことが大切です。

ストレスをダムが決壊するまで溜め込まずに、少しずつ放水していく方法を見つけてください。

空の巣症候群って何?
調べましたWikiさんの出番です。

空の巣症候群(からのすしょうこうぐん、empty-nest syndrome)は、40代から50代の女性によく見られる抑うつ症状。子育てが終わり、子どもが家を巣立っていったあたりから出てくる事が多いので、こう呼ばれる。燃え尽き症候群、五月病などとも似通ったもの。子どもが自立し、夫は仕事で忙しく、構ってくれず、夫婦生活もないに等しくなり、涙もろくなり、夫の定年が近いというと、退職、即離婚といった方に展開していく事もある。

怖いですね~空の巣症候群。

あんまり子育てだけに没頭して、子どもがすべて~ってなっちゃうとこんな風になっちゃうおそれがあるんです。

予防のために、子育てのほかにもささやかでいいから自分の世界、自分の楽しみを持ってください。

私は子育てより楽しいことは今のところまだないという方。焦らないでくださいね。

子どもたちは今すぐはなれていくわけじゃないんです。子どもが自立するまでに子どもと一緒に自分も成長していけばいいんです。そして自分らしく楽しめるものを見つけていってください。

例えば、わが家の末っ子はまだ小学2年生です。中学になるまでだってまだ5年あります。

私は娘とのラブラブなこの幸せを大事にしながら、パパとの時間も大事にして、少しずつ二人になるときの準備もしていこうと思っています。

急がなくても、あせらなくてもいい。でも少しずつ準備していってください。

大人っていいな、大人って楽しそうって思ってもらえるような、元気な大人でいてください。

愚痴ばっかりじゃなく、楽しい笑顔で子どもと接してください。

そして今のこの幸せな子どもたちと過ごせる貴重な時間を思いっきり楽しんでください!!





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

子離れ、親離れ

思春期の子どものために大人のできること。6番目は

○子離れ・親離れ

子どもとの間に境界ができ、適当な距離をおけるようになる。

それが子離れ、親離れです。

離れていくとき、引き止めたくなる気持ちを抑えてください。寂しい気持ち、孤独感...いろいろ出てくると思いますが、親子で閉じてしまわないでほかの人に相談したりして、二人だけで抱え込まないようにしてください。

自立していくためには親離れは必要です。

寂しいけど、いつかはそれぞれ自立していかなければならないときが来るのです。

私も子どもたちが離れて行っちゃうことを考えると泣きそうになってしまいます。末の娘が離れていくときなんて想像できないし、したくない気持ちです。

しかし、ここで先生はあえて先に子離れと書いていることに注目してください。

子どもが自立しようとがんばっているときに、親が離れたくないからってそれを邪魔するようじゃダメなんです。まず親がちゃんと子離れして、子どもの親離れを助けてあげてください。

そのためには親がしっかりしなくちゃいけません。まず親がしっかり自立していないとだめなんです。

親の方が子どもに依存しているような状態じゃ子どもの自立の妨げになってしまいます。

愛しているのと、依存しているのは違いますよね。

子育てが人生のすべてみたいになってしまっているお母さんを時々みかけます。さっき言った本音を考えると私自身も危ないかもしれません。

そこでお父さんの登場なんです。

最初は二人が出会って、二人ではじまった家族。子どもが巣立っていって、また二人に戻るだけ。パパと二人の生活を楽しみにできるようになれば、親離れなんて怖くないはずです!!

お父さん、お母さんが寂しくならないようにしっかり愛して支えてあげてください!!

子どもが自立していったって、いなくなるわけじゃないんです。

お互い一個の人間として、もっと尊重しあって、対等に話せるような、新しい関係を築いていけばいいんです!

長女(高3)とはちょっとそうなりつつあるような気がします。いい相談相手になって来ました。そうなると親の私の方が叱られることも多くなって来るんですけどね。

自分で必死で考えて自分の道を選んで進んでいく年頃になりました。

大学に合格したら、家を出て行ってしまうことを考えると寂しくて泣きそうになってしまうのですが、そこに彼女の未来があるのなら喜んで送り出してあげたい。

まだ、親離れ子離れの途中かもしれませんね。

娘の親離れの足を引っ張ることだけはしたくないと思っています。





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

自分を大切に思える気持ちを育てる

夕べのサッカー残念でした!PKなんてもう心臓に悪いですよ!

負けた瞬間から、選手たちの様子を見ながら涙が止まらなくて、今日もまだ目がはれています。

気を取り直して、思春期の子どもたちについて書いてきたシリーズの続きです。思春期の子どもに大人のしてあげられることの5番目は

●「セルフエスティームを育てる」

まず、セルフエスティームって何?ということですよね。

self-esteem =自尊心 

自己効力感、自己有能感、自尊心と訳されています。

簡単に言うと「自分を大切に思う気持ち」です。

Wikipedia で調べたところ...

自尊心(じそんしん)は自尊感情(じそんかんじょう)とも言い、自己の存在や在り様を尊重する(大切に思う)感情のこと。 心理学上の重要な研究対象である。多くの研究者によって自己肯定感は人格形成や情緒の安定のために重要であると考えられており、自尊心はそのためには必要な感情であるとも言える。特に主体性や自信の形成においては、自尊心のない者は、自身を信用することができないため、自分自身の能力にすら懐疑的となってしまい、何もなすことができない。

とありました。

思春期を乗り切るためにはこのセルフエスティームが一定レベル必要になるとのことでした。

そのために大切なのはほめること。励ますこと。結果だけではなくプロセスを認めてあげることです。

自尊心は感謝される経験を積み重ねていくことで育つのです。


要するに、自分は価値のある大切な存在だと感じさせることが大事なんです。いつも叱られて否定されていたら自信がもてなくなって、情緒不安定になったり、健全な人格形成ができないってことです。

できていないところばかり目に付いて、叱るまでいかないにしても、できてないとこばかり指摘しちゃってるってことありませんか?

それに比べてどのくらい子どものよいところを見つけて認めてあげられていますか?

ほめた記憶よりできてないとこ指摘してることの方が断然多い人いませんか?

試験だって、結果見てないで、そのプロセスを認めてあげてますか?

自尊心は感謝されたという経験を積み重ねさせると育ちます。

子どもに何か仕事を頼んで、やってくれたら、あら捜ししないで、まず笑顔で「ありがとう!!」っていってみませんか?

子どものいいとこ探し、一緒にやってみましょう!!


おまけです。

前に学んだのですが、プライドっていうのは英語だと高慢っていう意味になって、自尊心とは違うんです。

プライドというと英語ではどっちかというと悪いイメージが強いんです。キリスト教では7つの大罪の一つですからね。

日本でプライドって言うとどっちかというと自尊心っていう意味に捕らえている人多いですよね。確か高校のときは「誇り」って訳した記憶があります。

自分を大切に思える気持ち、自分に自信を持つこと。英語に訳すとプライドって言ってしまいそうだけど、英語ではセルフエスティームなんですね。





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

子どもを守る「壁」になれていますか?

思春期の子どもたちのために大人のできることの4番目は

「壁」 になる

「ここから先は絶対にダメ!」というラインは大人が示してあげることが必要です。どんなに反抗して、対決しても、譲らないラインをしっかり大人が持つことが大切なのです。

ただやみくもに禁止するのではなく、子どもと一緒に我が家のルールを決めるのがいいです。そして、ダメなものはダメとしっかり伝えること。

参考までに、我が家のルールを紹介します。

わが家のルール


  • 帰ってきたら手を洗ってグジュグジュペ!

  • 働かざるもの食うべからず!(家事の分担をこなすこと)

  • 出かけるときは帰る時間と場所をきちんと伝えること!

  • ゲームはお勉強してから!

  • ネットはリビングで、遅くとも0時まで。+時々親がチェックするのを認めること!

  • 携帯は無料通話から出た分は自分で払うこと!

  • 毎週1回家族そろって時間を過ごす。

  • お小遣い帳をきちんとつけないとお小遣いはもらえません。

  • 1万円以上のものを買うときは家族会議にかけること。

  • 門限は小学生は5時半中学生は7時高校生は8時。それより遅くなるときは必ず連絡を入れること。

携帯に関しては購入するときにパパと娘の間で細かい約束を書いた契約書を交わしています。そこにはもっと細かくルールが書いてあります。

いろいろもめることもあるけど、ルールはは家族会議を開いて決めているので、何かもめたら家族会議を開いて話し合っています。

服装や性教育についても結構はっきり伝えています。

ポイントは約束守れなかったからといって、なんでも禁止にしてしまってもうまくいかないということです。反発するだけで、だんだん何も言うこと聞かなくなります。

なぜ守れなかったのかしっかり話を聞いて、今後どうしたらいいか話し合いをしながら反省を促していけるのがいいですね。

まず大人がしっかり約束守っていないと、子どもは約束を守らなくなります。その辺はとってもシビアに大人を見ています。まず大人が約束を守って見せると子どもも素直に従うようになってきます。

子どもにしてあげると約束したことは、精一杯守る。守れなかったときは素直に謝る。約束守るために精一杯の努力してるのをしっかり見せる。

そしてここまではいいけどこれ以上はダメだという壁を身をもって示していくのです。

思春期の子どもたちは好奇心のかたまりです。いろんなことみてみたいしやってみたい。でもまだ経験が足りないし、自制心も未熟なのでどこまで行ったら危ないかというラインを自分で見極めることは難しいです。

だからこそ大人が入ってしっかりルールを決めてラインを示してあげることは大切です。

大人がしっかりと子どもに安全圏を教えて守ってあげるのです。

どの辺にその壁を立てるのかは難しい問題です。狭くしすぎると窮屈で飛び出すだろうし、広くしすぎると誘惑が大きくなって危険です。

一人一人の子供に会ったラインというのがあるのだと思います。そこは親子でしっかり話し合って決めていくことをお勧めします。






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

「聴く」と「聞く」と「訊く」の違いわかりますか?

思春期の子どもたちのために大人のできることその3は

「聴くこと」

「聞く」 でも「訊く」でもなく「聴く」こと。

聞く...耳に入れる。なんとなく聞いている。聞き流しているかも。

訊く...尋問する問詰める。=子ども主体ではなく大人主体。
      大人の知りたい情報を聞き出す

では、「聴く」とは...?

相手の出す信号をしっかりと受け止めること。

耳をすまして、傾聴する。言葉の表面だけでなくその裏にある心のサインをしっかり受け止める。

そのためには耳だけではなく、5感全部を使ってしっかり情報を集める必要があります。

子どもの表情、しぐさ、最近の態度、持ち物、周りの友人、いろんなものにアンテナ立てて、今子どもの出しているシグナルを受け止める。

タイミングもすごく大切です。

あと、手首に傷がないかもチェックしてください。最近リストカットする子増えていますから。親が気がついていないケースも多いようです。まさかとは思いますが、チェックしてくださいネ。

持ち物にいたずらがきされて来たりしていたら、それも要注意。

家の次女がブラウスの背中に鉛筆でいたずらがきされてきたことがあります。ある日、突然自分でブラウス洗っていたので、とても心配になって買い物に誘い出してきいてみたら、着るのがなくなったから洗っただけとのことでした。それでも心配で次女は本音をはなしているのかどうか、5感フル活用して探りました。

そのときは本当になんでもなかったらしく、「そんなに心配しなくても、つらいときはちゃんと話すから!」と娘から言われてしまいました。

でも大事なサインは見逃したくありませんよね。あまり心配しすぎていろいろ言うとうるさがられますから、言葉にだけ頼るのではなく、子どものサインを見逃さないようにしっかりと見守ることです。


ちなみに入学説明会のとき、生活指導の先生が「女の子はだんだんスカート短くなってきたら注意。逆に男の子はだんだんズボン下がってきますから...パンツ見え出したらかなり注意です」と言っていました。

参考にしてください。

次は「子どもを守る壁になる」





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
プロフィール

Author:フォルスクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。