スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返し勉強の効果

今日は繰り返しの効果について書きます。

勉強を分析すると、理解することと、覚えることに分かれるそうで、
特に日本の受験では理解していても覚えてないと点数につながらない。

そこでe-ラーニングが効果的。

私の時代は単語帳などを作って繰り返し覚えたものですが、
どこをどれだけやって、どこが一番間違うかなんて、統計取れませんよね。
それをパソコンでやれば
どこをどれだけやってどの部分を間違えたのか一目瞭然なわけです。
間違ったところを集中的に勉強できるわけですから効果的ですよね。

わが家の長女の場合、暗記が苦手でした。
年号とか、人の名前とか、条約の名前とか...
覚えられなかったんです。
フォルスの繰り返し学習で、1カ月で40点成績上がりましたよ。

この経験からいいたいことは

少なくとも5回は同じ単元をやったほうがいい!!

ということです。

うちの場合、中学社会ならまず適語選択で
いくつかの選択肢の中から答えを選びながら問題を解きます。
それを満点が取れるまで繰り返します。

そうしたら、今度は適語補充を選んで
自分で答えを打ち込みながら問題を解きます。
これも満点が取れるまで。

ここまでで、大抵の方は10回は繰り返すんだけど...
できのいいかたでも3回は繰り返すんじゃないかな?

さらに確認のため、試験前にはもう1回は見直すことをお勧めします。
そのときは適語補充で。
で、かなり忘れていたら、もう一度適語選択からやり直す。

1単元終わるためには、間違うと次のページに進まないので
正解するまで何度もやらされますから、
間違っていれば何度も繰り返すことになります。
それでもまぐれで当たるときもあるだろうけど、
適語補充だとまぐれはかなり減りますよね。

とにかく何度も機械的に繰り返すことで覚えていける!
パソコンは暗記のためには本当にいい道具だと思います。


暗記の作業って結構地味でつまらない作業になりがちですが
パソコンでやることで当ったらピンポ~ンとなったり、
間違うとブーとなったりして、結構楽しく暗記できるように思います。

また繰り返し覚えるにはページがシンプルである方が
適してると思います。
その点でもこのForceの学習システムはやりやすいと思います。
子供が楽しくやれるようにゲーム性が強く作られているシステムだと
暗記という意味では繰り返すのに時間がかかりすぎますから。

子供にやった?ってきくと、1度やっただけで、
もうこれはやったから大丈夫ということが多いです。
最初に最低5回はやってその単元やったっていうことにするって
ルール決めておいて、最初のうちは履歴をきちんとチェックして、
ごまかせないんだって事わかってもらうといいかもしれません。

プライド高くて、間違うと
「もうやらない!!」 というお子さんもいるかと思いますが...
(中学生になるとストレートにはいわないと思うけど)
そこはお母さんの出番です!!

上手にほめて、
間違ったときは覚えるチャンス!!って教えてあげてください。
間違ったおかげで次はもう間違えないで覚えられるよ!!って。
そして満点とれたらめちゃくちゃほめてあげてください。
ごほうびあげるのもいいと思います。
小さいごほうびでも結構喜ぶものですよ。

できればお母さんも一緒に挑戦して、
達成感を分かち合ったりすると効果大だと思います。
コツは学年にこだわらずに、
できるところ、簡単なところからはじめることです!

毎日10分でいいので....
遊ぶ前に、ゲームの前にForce(フォルス)!
というルールを作ることをお勧めします。




学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■繰り返し・・・

コメントありがとうございます。繰り返し・・・・そうですよね、これが大切なんですよ!低学年にこういう習慣というかクセをつけとくと楽ですよね~
でも、なかなか出来ない(泣) 

2 ■Re:繰り返し・・・

>saraさん
パソコンだとその割に楽に習慣になりました。
子どもがパソコン好きだったのもあるかもしれませんが、
やりたいゲームの前に必ずやる!という約束がよかったようです。
好きなこと、やりたいこととセットにするとうまくいくかもしれませんよ。
プロフィール

フォルスクラブ

Author:フォルスクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。