スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語の勉強の仕方ってどうすればいいの?

実は私は子どものときから本が大好きで、たくさん本を読んでいました。

そのせいか、国語のテストで苦労したことはありませんでした。

父が国語の教師だったこともあるのかもしれませんが、文章を書くことも、人前で話すことも、楽しくて好きだったので、特に国語の勉強をしたというと、漢字練習くらいしか思いだせません。

ですから、国語が苦手だから、何とか教えて欲しいと、友人の息子さんの国語の勉強を教えることになったときは、本当に困ってしまいました。

本を読むと言っても、文章を読ませると、だんだん目がうつろになって、寝てしまうのです。

テストのときのテクニックというか、長文読解のコツのようなものは教えられましたが、それ以前の、文章理解が難しいのです。

問題集を探しましたが、なかなかいいものが見つからず、小学校の文章題のドリルをやって、文法をやって、何とか高校入試は乗り切りました。

その経験があったので、フォルスの国語の文章の問題を見たときは、これはいい!!って思いました。

本当に基礎の基礎から、文章の意味を考えることができて、この問題を繰り返していくことで、文章を分析して理解する力がついていくんです。

当時まだ3歳だった娘が、小学国語の文章の問題をやっていくことで、ひらがなを覚え、読解力がつき、漢字まで読めるようになっていくのをみて、本当に感動しました。

毎日少しずつでもいいから、必ず1つは文章を読んでいくことで、本当に力がついていくんです!

「アキちゃんはおじいちゃんにおこづかいを1000円もらいました。」

「おこづかいをもらったのはだれでしょう?」

このような簡単な問題から始まるんです。

そうして、何問か繰り返していくうちに、「だれが」っていうところを、意識して文章を読むようになります。

だんだん文章が長くなって、「だれが」を見つけるのが難しくなっていきます。間違えながら、何回も繰り返していくうちに、「だれが」を見つけるのが上手になっていきます。

問題が進んでいくと、今度は「何をしたのか」が問題になります。

今度は何をしたのかを探しながら文章を読む。

こうやって、繰り返していくうちに、文章を分析して読む力がついていきます。


国語が苦手という子は、是非、こういう問題を体系的に、やってみて欲しいです。

だいぶ理解力がつくと思いますよ。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フォルスクラブ

Author:フォルスクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。